馬に乗りながら12の「稲妻」

馬に乗りながら12の「稲妻」

写真:Noellefloyd.com。

走行中に「稲妻」を感じたことがありますか?もしかしたら、コーチが何か言ったので、突然コツを掴んだかもしれません。あるいは、何か新しいことに取り組んでいて、突然、それが正しくできていると感じたのかもしれません。 『ノエル・フロイド』の編集者は読者にこの質問をしました。そして、彼らが得た答えは次のとおりです。

⁃ @simplelifeofshaun ショーンセラーズ: 「初心者ライダーの私に、調教師はいつも、馬は自分にどれだけのコストがかかるのか分かっていない、そして私たちの目標は私たちの目標であり、彼らの目標ではない、といつも言っていました。実際、馬にプレッシャーをかけるのをやめ、自分の期待を価格や自分の野心に結びつけることなく、それぞれの馬に一人の人間として取り組み始めたことが転機となりました。

⁃ ジョエル・ディオンヌ: 「収集された歩容は、短縮された歩容ではなく、より高い歩容です。」

⁃ @mikailaives ミカイラ: 「馬場馬術の作業中は背筋を伸ばして座るように何年も言われてきました。いつも思っていたのですが、体が細長くなり、同時にお尻がサドルから垂れ下がってしまいそうになりました。深い席に座ったことがない。最近、その方法について私に説明されました。胸をまっすぐにして、「空に引き寄せられる」のがどのような感じかを感じてください。それはすべてを変えました。今ではサドルに深く座ることができ、座骨が高いシートに接続できるようになりました。」

⁃ @katherinefalz ケイティ: 「スキルは自動になるまで訓練します。たとえ数秒で数歩しか正しく進まなかったとしても、トレーニングは常に困難なタスクに役立ちます。強さが増していく。身体的および心理的、あるいはその逆のコミュニケーション。体のあらゆる動きが馬にどのような影響を与えるかを理解し、それが機能する理由を説明し、すべてを制御する方法を学びます。その後、別のことに取り組んでから、最初からやり直します。通常、このような瞬間に洞察が得られます。 」

⁃ @kristinewhitewilliams クリスティン・ウィリアムズ: 「2 番目と 3 番目のジャンプが快適な距離に設定された単なる障害物であることに気づくまで、システムを乗り越えるときに不確実性を経験しました。」

⁃ ローレン・ゼレニアック: 「つい最近、足で十分に誘導しないと走り回ってしまう可能性がある馬に乗って、馬がジャンプを拒否せず、それを支えるのに十分な脚があるためには、適切な力が必要であることに突然気づきました。」シート。これを実現することが私たちの共同の勝利となりました。また、障害物の間に数回深呼吸する時間があることに初めて気づきました。これをヨガのクラスに喩えることができます。

ヴォーガスを引き渡す: 「問題はシートベルトではありません。あと、ハンドルではなくブレーキです。徒歩で行かなければなりません».

⁃ ブレンダ・ヨスト: 「馬の努力を称賛してください。今ここで完璧を達成しようとしないでください。」

⁃ @zandradoucet アレクサンドラ・ドゥーセ: 「私の友人の一人は、彼自身も大きなスポーツに携わっていますが、脚の位置を次のように説明してくれました。「水が脚の後ろに沿って、腰からかかとまで流れると想像してください。今では、腰をポンピングする代わりに脚の筋肉をストレッチするようにしています。これにより、すべてが完全に変わります。 」

⁃ ロンダ・ピーターソ: 「脚がアクティブであれば、腕への衝撃が少なくなります。私は何年もの間、コーチから手を柔らかくする必要があると聞いて苦しんでいました。彼らが私にこれを見せたとき、私は洞察力を持ちました».

⁃ カズヤのミサ: 「ジャンプで彼と一緒にいれば、彼はジャンプするでしょう。この洞察は12歳のときに私に生まれ、その後一生残りました».

⁃ @donadt_dressage アシュリー・ドナッド: 洞察の瞬間。先週末、私は調教師のアンナ・ブッフィーニとともにサンデーボーイという馬でグランプリに(人生で初めて)乗りました。私たちが数か月間取り組んできたすべての動きを感じて、それらをライディングパターンに結び付けることができたのは、非現実的な経験でした。ライド自体は私にとってひらめきであり、すべての要素をひとつにまとめてライドし、ある要素から別の要素に移動する機会でした。すっげー!"

どのような洞察の瞬間がありましたか?コメントに書いてください!

コメントを残す