番犬の品種

番犬の品種

番犬の品種 個人の家や企業の領土を保護するように設計されています。 番犬の選択では、写真付きの品種の名前がアルファベット順に表示されます。 ただし、特定の犬種の代表者がセキュリティの任務に理想的に対処できるかどうかを保証することは不可能です。その多くは教育と訓練に依存します。 ふわふわの警備員の主な仕事は、侵入者の接近を所有者に通知し、攻撃しないことです。

番犬は他のグループの動物とは異なり、遠くから見ることができます。 ペットは、見知らぬ人が許可されない所有物を常に検査します。 彼らは中立地域で親族と仲良くすることができますが、家では侵入者を容認しません。 そのような犬は、日常生活で賢く、腐敗せず、うるさいです。 最高の番犬の品種は、モスクワ ウォッチドッグ、アラバイ、コーカシアン、ジャーマン シェパード ドッグです。

番犬は大型です。 小型および中型のペットも見知らぬ人の接近を飼い主に知らせることができますが、大型の個体はより危険で攻撃できるようです. 何世紀にもわたってガードスキルを磨いてきたネイティブの品種もあれば、家を守るために特別に飼育された品種もあります。

街の外で番犬を飼うことが望ましい。 アパートのメンテナンスの場合、ペットに寝具とアクティブな毎日の散歩を提供する必要があります。 もちろん、それぞれのケースを個別に検討するのが最善です。そのため、Lapkins.ru では、さまざまな番犬の品種の詳細な説明を写真付きで見つけることができます。

一覧 番犬の品種

番犬の品種には、理想的な番犬となる多くの生来の資質と本能があります。 ここでは、優れた物理データ、大きなサイズ、知性の組み合わせだけでなく、理想的には、動物の性質に深く内在する特定の潜在意識のメカニズムの存在も重要です。

最高の番犬は、まず第一に、コーカシアン・シェパード・ドッグ、モスクワ・ガード・ドッグ、そしてアジアと南ロシアのシェパード・ドッグです。 生来の資質だけでなく、訓練システムも大きな役割を果たしているため、他の多くの品種から良い警備員が得られると考えられています.

番犬の品種 – 信頼できる警備員

そのような犬の行動は多少異なります。散歩中に、慎重に、時には数回、周囲の領土をマークし、その所有物で、犬はあなたの財産に侵入することを決定した人にとって乗り越えられない障害になる可能性があります。 多くの番犬は生まれつき攻撃的ですが、鎖でつなぐことは状況を悪化させるだけなので、選択肢にはなりません。 むしろ早期の社会化と適切な育成が必要です。